徐々に一般的にも知名度が上がってきた社会保険労務士。実は企業経営には欠かせない存在です。実際の仕事の内容と、それによる収入、職業としての可能性を解説いたします。

社会保険労務士の仕事は、いくつかに分けることができます。まずは、行政機関へ提出する書面の作成と提出の手続き代行や事務処理代行という業務です。

これは、社会保険労務士の独占業務で他の者は業務として行うことができません。次に事務所に備え付けられている書類などの作成です。

これも独占業務で、例としては就業規則の作成が代表的業務です。独占業務だけで大きく分けるとすると、社会保険労務士の仕事は以上ですが、社会保険労務士の仕事は独占業務だけではありません。

例えば、企業のコンサルタント業務や、人事労務管理、企業や個人の年金問題の相談など、沢山の仕事が社会保険労務士の仕事として扱われているのが現状です。

独占業務だけを行って独立開業している社会保険労務士の方はほんの少数ではないかと言われています。

逆に、これらの業務を上手く組み合わせて企業や個人の方に満足してもらえる仕事を提供できれば社会保険労務士としての仕事が広がるだけでなく、信頼と収入を経て社会へ貢献できる仕事であると言うことができます。

例えば、就業規則の作成は社会保険労務士の独占業務です。ただ、就業規則をどのようなものにするか、組合や企業経営者と相談しながら内容を考え作成することは、コンサルタント業務にも含まれます。

また、就業規則と合わせて、退職金の規定や賃金、人事体系などを経営者や労働組合と共に考える、行き詰まった労使の話し合いに、アドバイスと提案を行い、良い解決を図ることができれば、社会保険労務士として企業と社会に貢献できます。

このように、社会保険労務士の仕事は沢山の可能性のある有意義な仕事です。